Eri Yukimitsu

出身地:宮城県
趣味:国内旅行・読書・ダンス・石集め
特技:負の感情や悪いことはすぐに忘れる

座右の銘

発して中らざる時は、即ち己に勝つものを怨みず。反ってこれを己に求むるのみ

「Attackはお客様と伴走できる」と聞き入社を決意

Q.これまでの経歴について教えてください

 大学卒業後、生命保険会社の総合職として営業職員の同行支援や拠点での採用活動、総務、法人・個人営業、不動産投資部門など、様々な業務を担当しました。そんな中で、改めて「自分のやりたいことは何だろう?」と考える機会があり、もっと人に寄り添う仕事がしたいと感じ、人材業にキャリアチェンジしました。
 キャリアアドバイザーを経験した後、結婚・出産を経て、スカウトメールを運用したり、営業メンバーを支援するための部署に異動。ここで母集団を作るための取り組みを学びました。そんな中でコロナ禍となり、自分の働き方に向き合わねばならない状況で異動を打診され、働き方に加え、異動先の業務はやりたいことなのか?と考えた結果、転職を決意しました。

 

Q.なぜAttackに転職しようと思ったのでしょうか?

 今まで個人向けの営業経験が長かったので、今度は企業に寄り添う採用支援をしてみたいと思うようになったことがきっかけです。採用代行の業界では、数字を追うだけの会社と、企業と伴走する会社に二分化していること、そしてAttackは、後者に当てはまることを知り、Attackへの入社を決めました。
 また、転職前は育休明けで時短勤務だったのですが、フルタイムの時と営業目標や業務量は変わらず、リモートワークも緊急事態宣言中以外は浸透しない中で、あまり働き方が合わないと感じるようになっていました。そういった意味でも、フルリモートフルフレックスのフレキシブルな働き方を実現できるAttackは、まさに自分にピッタリだと思いました。

大切なのは想像力を働かせたコミュニケーションと優先順位

Q.実際に入社してみて、いかがですか?

 入社前はフルリモートで働くことに多少不安があったのですが、想像以上にコミュニケーションがスムーズで驚きました。前職でも少しだけリモートワークの経験がありましたが、会社自体リモートワークの導入が初めてだったので、順調にいかないこともありました。Attackは創業以来フルリモートなので、ある程度ナレッジが培われていますし、メンバーみんなの協力体制もできています。実際に分かりやすい指示をしてくれて、気軽に質問できる雰囲気があり、すぐに慣れることができました。

Q.現在はどのような仕事を担当していますか?

 プランナーとして、お客様が求める候補者のペルソナに応じた採用手法の提案、毎月のKPIのチェックと改善案採用戦略の提案から、スカウト運用を含めたメディア運用、エージェントマネジメント、採用広報におけるインタビューなどを担当しています。
 社内プロジェクトとしては、自社の採用広報を手がけるSNSチームに所属し、アイディア出しや記事の更新などを行っています。時々、自分で記事を書くこともあります。また、社内の成功事例を共有し、ノウハウを蓄積していく好事例ナレッジプロジェクトにも参加しています。
 そしてもう一点、いま最もワクワクする業務は、自社採用の面接です。キャリアアドバイザーだった経験から、面接に来てくれる方がどのようなキャリアを経て、どのような価値観でAttackを受けたのかを聞くのが大変興味深く、良い刺激になっています。

Q.どのようなことを心がけて仕事していますか?

 テキストコミュニケーションにおいては、相手がどのような状況で私の依頼を受けているのかを想像し、依頼する背景、いつまでにどう回答して欲しいのかを説明するよう心がけています。クイックレスポンスは大切ですが、すべてに即レスは難しいので、「この仕事は誰のため?何に影響するの?」という部分を常に考え、優先順位をつけることや期限を確認することを徹底しています。
 採用はお客様だけではなく、社内のメンバー、転職者、エージェントの方、メディア担当の方など様々な立場の方が協業しています。そんな中で出てくる事案に対し、それは本当にお客様のためなのかなどを都度判断しなければいけませんし、自分の立場だけを考えた提案は信用を損ねるので、本来の目的を見失わないようにしたいです。

思いやりのあるメンバーに囲まれて、お客様の採用成功を実現する

Q.今後の目標を聞かせてください

 第一の目標は、お客様の採用に貢献すること。そのためにも、採用に関する幅広い知識を身につけて、お客様から信頼される相談役のような立場になることで、Attackの価値を示していきたいです。
 個人的なことで言うと、最近リーダーになりました。正直なところ、今の自分がリーダーにふさわしいかというとまだ100%Yesとは言えない部分もありますが、会社からは今後の成長に対して期待を込めた評価をしてくれたのだと受け止めているので、その期待に応えるべく、一緒に働くメンバーに安心感を与えられるよう実績を積んでいきたいです。実績というのは、派手な成果を上げるというより、日常のふるまいや日頃の業務で信頼を寄せていただくという感じの実績ですね。それを積み上げることで、「リーダーです!」と堂々と言えるようになりたいです。

Q.どのような方と一緒に働きたいですか? また、どのような方がAttackに向いていると思いますか?

 Attackに向いているのは、相手の状況を想像して、何をしたら役立てるのか考えられる方だと思います。主なコミュニケーションがテキストになるため、メンバーはみんな、常に丁寧で相手を気遣うコミュニケーションを取っているので、お客様だけでなく、社内メンバーにも配慮できる方がいいですね。例えば、お互いの目線が合っている状態で業務を進めるためには、いつまでに何をどうして欲しいのか、またその背景を自らきちんと説明できるような方が向いていると思います。
 また、フルリモート・フルフレックスで柔軟な働き方を実現できる点から、家事や育児、介護などの様々な事情があっても、長く働き続けることができると思います。現職での働き方に何かしらの違和感がある方や、自分に合った働き方を実現したい方には、Attackの自律性の高い環境がピッタリだと思います! 少しでも当てはまる方には、ぜひご応募いただきたいですね。